不動産業の男性

次世代住宅エコポイント発行対象となるバリアフリー改修工事

家と家族

家作りは、いつの時代も、そこで人が安心して快適に生活できることを目指しています。来るべき時代では、社会において高齢化が一層進んでいき、高齢者が独居もしくは同居する世帯がどんどん増えていくでしょう。そのような世帯にとって安心で快適な住まいの一つとして、バリアフリータイプの物件が考えられます。

そこで、現在の居宅をバリアフリー仕様になるようリフォームすると、高齢化社会に備える家作りを実施したと評価され、次世代住宅エコポイントの発行対象となります。バリアフリー改修工事の具体的な内容は、リフォーム業者の方で把握していますので、チェックしてみるといいでしょう。一つの例としては、衝撃緩和畳の設置が挙げられます。これは、その名称の通り、転んだ時などの衝撃を和らげる仕様の畳で、屋内でつまづくことが多くなる高齢の方がいる家に適した畳です。

これによって、転倒による骨折などを防ぐことができれば、高齢の方ご本人にとっても、同居するご家族にとっても安心でしょう。このようなリフォームを実施して得た次世代住宅エコポイントは、次世代住宅エコポイント交換サイトを利用して、お好きな商品に換えることが可能です。是非、利用するといいでしょう。

ちょっとしたリフォーム工事でももらえる次世代住宅エコポイント

通常、家の中で少し不便に感じることがあっても、生活できないわけではないからとそのままにしておく例は沢山あるでしょう。実際、リフォーム工事など行えば、それなりの工費がかかりますし、わざわざお金をかけて対処するほどの事でもないと判断する人も多いです。しかし、今、ご自宅で気になっている不便なところをリフォームで改善すると、実施した内容次第では、次世代住宅エコポイントが発行される可能性があります。次世代住宅エコポイントは、ある程度貯めると、次世代住宅エコポイント交換サイトを利用して雑貨やインテリア用品、キッズ用品などと交換できます。つまり、リフォーム実施の特典として、結果的に好きな商品もおまけでもらえるようなもので、大変お得な仕組みとなっています。これを機に、ご自宅のちょっと不便なところをどんどんリフォームしてはいかがでしょうか。
ごく簡単で、費用もさほど掛からないリフォームとして、レンジフード、掃除が楽なトイレの設置があります。便利な宅配ボックスの設置も次世代住宅エコポイント発行対象とされています。あるいは、ビルトイン型食器洗機を設置して、食器の片付けを今より楽にするのもいいでしょう。どの工事でどの程度のポイント発行になるかは、リフォーム業者に確認できるので、チェックしてみましょう。

次世代に適応した家作りでもらえる次世代住宅エコポイント

これから注文住宅や建売購入などでマイホームを取得する予定があるなら、是非、次世代型の物件を入手しましょう。次世代型というのは、具体的には、一定水準の耐震性を備えていることや、省エネ性能がある家、またはバリアフリータイプの物件などを指します。これらはいずれも、高齢化が進み、エネルギー源枯渇という喫緊の課題に直面し、かつ大型地震の恐れもある近い将来の現実に対処できるタイプの住宅です。今、こうした住宅を取得したり、あるいは、現在お住まいの住宅をこれと同等の仕様になるようにリフォームした場合、特典として次世代住宅エコポイントをもらうことができます。通常、マイホームの取得やリフォームの実施によって、何かの特典が得られることなどないですが、今ならそれがもらえます。一般のショッピングサイトで貯めたポイントのように、次世代住宅エコポイントも貯めることが出来ますし、貯まったポイントは次世代住宅エコポイント交換サイトを利用してキッズ用品、雑貨類など、欲しい商品に換えることができます。これは期間限定の特典のため、この制度を利用するなら、今がチャンスです。この機を生かして、次世代型住宅を購入やリフォームして、次世代住宅エコポイントを手に入れましょう。

PICK UP

UPDATE ARTICLE

SITE MAP